KIKKAWA KOJI LIVE 2006 ROLL OVER THE DISCOTHEQUE! FROM CLUB JUNGLE at BUDOKAN / 吉川晃司

サポートギタリストとして瀧川一郎さんが出演しているらしい(CRAZE解散後、D’ERLANGER再結成前)。当時サポートで出演したテレビの音楽番組は観た記憶があるけれど、これは知らなかった……。観たい観たい。
KIKKAWA KOJI LIVE 2006 ROLL OVER THE DISCOTHEQUE! FROM CLUB JUNGLE at BUDOKAN【初回限定盤】 [DVD]

D'ERLANGER史上初のライヴ・ブルーレイ&CD[3枚組(BD+2CD)]が11/4に登場!|D'ERLANGER|ワーナーミュージック・ジャパン

更に、各バンド・メンバー4人の演奏&歌唱シーンを追い続けた、初のマルチ・アングル仕様を予定(2曲予定)
マルチ1(Voice:Kyo )、マルチ2(Guitar:CIPHER)、マルチ3(Bass:SEELA)、マルチ4(Drums:Tetsu)

 映像を観ながら演奏のコピーができるかも!

ROCKCLIPS / ロッククリップ 【ギター型(ストラト・レスポール・フライングV)クリップ10本入り・アンプ型パッケージ付属】

 可愛い形のクリップを探していたら、ギター型のクリップを発見。これ欲しいなあ。
ROCKCLIPS / ロッククリップ 【ギター型(ストラト・レスポール・フライングV)クリップ10本入り・アンプ型パッケージ付属】

D’ERLANGERのkyoとマイケル・モンロー、夢の対談が実現 | D'ERLANGER | BARKS音楽ニュース

また、実は過去にもマイケル・モンローとの対談歴を持つ彼だが、それはD’ERLANGERが復活に至る以前のことであり、取材後、彼は「今回は、D’ERLANGERのkyoとして彼と会うことができたのが何よりも嬉しかった」と語っていた。

 過去の対談について検索してみたところ、「ロッキンf」1994年12月号(表紙はLUNA SEA)だそうで、20年近くも前なのですね。古本屋さんへ行く機会があれば、探してみたいです。

“V-ANIME”シリーズ第3弾 カバーコンピ『V-ANIME collaboration homme-』にHAKUEI、咲人、桜井青、団長ら参加 | V.A.(邦楽) | BARKS音楽ニュース

 PENICILLINHAKUEIさんが「ペガサス幻想」(原曲はMAKE-UP)を歌うということで、これは聴きたい! 聴きたい!
 お、よく読むと、「FLYING IN THE SKY」(原曲は鵜島仁文)には、「獣拳戦隊ゲキレンジャー」や「Dragon Soul」の谷本貴義さんが参加しているではありませんか(この記事のトップに参加ミュージシャンの写真がずらりと並んでいますが、谷本さんはこの中に並んでいても違和感がないですね。いや、いわゆる『コテヴィ』の方が多いので、少しは覚えるかもしれないですが、もしも『ソフヴィ』の方が多ければ、確実に違和感がないと思うのです)。さらに、「勇者王誕生!」はご本人、遠藤正明さん!